I talk to myself
あくまで独り言。
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強再開!
今日から通信講座をスタートする。

教材は2週間くらい前に届いていたので、本当はいつでも始められたんですが、
腰の重い私、「どっこらしょ」 と、ようやくテキストを開き、DVDを再生。。。
DSC02954.jpg
どうせやり直すなら、基礎からしっかり♪
基礎講座は全10回のDVD。
DSC02955.jpg
へ~、今まで見てきた、講義をそのまま映したDVDとは全然違う!
「通信」だからか、他の学校を意識してリニューアルしたのか?

さぁ、早送りで再生…おや? 音が出ない!!
早送りすると、音が出ない!?
プレイヤーソフトを換えても駄目。

IFOファイルでなく、DVD-ROMを開いてVOBファイルを再生したら解消したけれど、
今度はタイムサーチが出来なくて、途中で止まったらどうしようもなくなってしまう。

等々、多少の不都合はあるものの、とりあえず2枚分を視聴した。
一度はかじった内容だけど、1年も経つと随分忘れている(笑)
でも、反復学習をする事で、確実に自分の身に着けばいいんだよね!

「焦らず順番にいきましょ~♪」

と、自分に言い聞かせる私だった(笑)
スポンサーサイト
ハタラク
「取締役諸氏は、月に○時間以上、梱包作業をする事」

つまりは、いかに自分達の言動が現場に迷惑を掛けているかを知る事。
社内では威張って、外ではお客さんに媚びるだけの人は要らない。

そう決まってから随分経ちましたが、今朝、ようやくその前兆を見ることが出来た。
客先に着くと、一輪車でゴミらしきモノを運んでいる役員さん。
どうやら、倉庫の整理を手伝っていたらしい。
その姿が、妙に似合っていると思う。。。私も人が悪いなぁ(笑)

「働く」
という事は、
「傍(はた) を 楽(らく) にする」

と、以前ある先生がおっしゃってみえました。

その一方で、
「傍(はた) で 楽(らく) をしている」
人達が居る訳です。

解釈はいろいろですが、今日もしっかり働いたつもり! な、私だった。
安定剤のシゴト
客先で給与計算をして、合間に奥様の業務サポート。

「今から総振をやろうと思って…データは作ってあるんだけど…」
と奥様、自信なさげな様子。

ざ~っと見て、「あれ? コレはまだ払わないって言ってませんでした?」
「ああ、そうそう!」

「○○社の金額は、大丈夫ですか?」
「うん、確認したけど…あれ? ちょっと待って…あ、違うわ~」

1年半前に脳腫瘍の手術をしてから、まだ後遺症も残っている。
(そもそも、完治したわけではない)
数字を合わせたり、真っ直ぐ歩いたりする事が苦手。

だから、ほんの数分の事でも、一緒に処理をする事で安心するのだと思う。
お金を扱っているんだから、尚更です。

任せられる人を入れられればいいんだけど。。。
そう簡単にいい人財は見つからないし、今の人を換える気は無いと言う。

しばらくは私が、心の安定剤でいなければ…。
おこがましくも、そう思う私だった。
フルキャスト
今日は尻拭い二日目。

あれ? 二日目?
初日から、かれこれ一ヶ月以上経っていた。
その間、全く何も手をつけず、前回の指導担当を替えてもらった事が小さな抵抗(笑)

今日みえた方は、前回とは比較にならない程、まともだった。
でも、それについていけない社長さん。
多分、「そんなに面倒なの?」くらいにしか思っていない。

仲介業者から2名の参加。 (←こちらは勉強にきているだけ?)
社長が呼んだらしく、顧問会計事務所から担当者さんも参加。
あとは事務員数名+社長ご夫妻。

会場(笑)作りは私の仕事で、ちゃんとプロジェクターを用意して、
皆さんが見やすいようにセッティングもした。

このフルキャストとセッティングに、さすがに指導員の方もビックリ(笑)
「このソフト導入が、一大イベントなんですか?」
そうですよ!!!

会社業務をソフトに合わせないといけないのが、パッケージの怖いところ。
今日の様子だと、100のものが、3くらいしか出来なさそう。。。
思いがけず優雅な一日
客先の奥様と待ち合わせして、お昼は老舗の喫茶店へ。
DSC02946.jpg
昨日、待ち合わせ場所を決めるときに、「長良橋の近くで…バーミヤンでもいいですか?」
と言う私に対し、「あら、それだったら、近くにいい喫茶店があるわよ!」
DSC02947.jpg
サラダ、大きめの茶碗蒸し、+これら↑ で900円のランチ。
こんなところに、こんなお店があるなんて、さすが奥様、よくご存知で!
中は結構混んでいて、中高齢の奥様方が多かった(笑)

ランチミーティングの後、目的は街中にある労働局へ。
職員さんの親切丁寧な説明を聞いて、「来てよかった♪」

その後の打ち合わせは、「どうせお茶を飲むなら…」
DSC02952.jpg
奥様の誘導で、趣のある、ココへやってきました。

このお店の通りは、昔ながらの「蔵」のある街並みになっている。
へ~近くにこんな場所があったんだ!

母屋を抜けると、中庭があったりで何だか楽し~♪
DSC02948.jpg
奥の蔵を改造した店内、二階は落ち着いて商談でも出来そうな雰囲気。
DSC02949.jpg
絵画がいっぱい飾ってあった。
DSC02950.jpg
珈琲についていたお菓子もおいし♪
DSC02951.jpg
そういえば、この前のあんぱんを教えてくれたのもこの奥様だった。
DSC02953.jpg
待ち合わせまでに時間があったので、ちょっと足を延ばして今日も買ってきました(笑)

「別に、遊び歩いていた訳じゃないのよ!」
と、弁解する奥様。
でも、いろんな奥様と出会う度、食べる事に関してのレパートリーは確実に増えます(笑)

…はて、今日の目的は何だったか?
な~んて事にはなっていませんが、汲々とした中にも、ゆとりの空間と時間があった事で
妙に心が和んでしまう、私だった。
訃報に接し
朝一で届いた訃報。

亡くなったのは、客先の事務員さんだった。

かれこれ4年程前からお世話になった客先で、
一緒に改革を進める上で中核となった人。
その方とは良く話したし、一緒にいろんな仕組みを考えていった。
会社がどん底から再建したのにも、その功労は大きかったと思う。

昨年春に子宮癌が発覚し、部分は完治したものの、まだ40歳前半。
若さ故に、転移が進み帰らぬ人となってしまった。

心から、ご冥福をお祈りします。
カンザクラ
お昼前に事務所に行って、結局今日はず~っとミーティングだった。

実務はちっとも進みませんが、考え方や方向性を決めていくには必要な時間。

なので、今日は金曜日のお花でも載せておきましょう♪
DSC02931.jpg
花材は、寒桜、アイリス、チューリップ、レモンリーフ。
DSC02934.jpg
この時期に桜を見ると、体感気温が1度上がる気がします(笑)
幸せのお裾分け
今朝は雪が降ったりやんだりの、おかしな天気だった。

昼から、高校の同級生2人(+その子供3人)と一緒に、
同じく同級生のご実家へ、生まれたばかりの赤ちゃんを見に行きました。

写真は載せませんが、顔立ちがしっかりした男の子。
ちっちゃくて、可愛かった~♡

その母親はと言うと…産後とは思えない程自然体で、
初産とは思えない寛容さがあった(笑)

結構のんびりくつろがせてもらった後は。。。
DSC02941.jpg
カフェでお茶?
いえいえ、一緒に行った友人宅でまったり。

手作りの抹茶シフォンケーキと、子供達にはこんな可愛いクッキー♪
DSC02943.jpg
もちろん、大人達もいただきました(笑)

そして、晩には仕事から帰ったダンナ様も含めて鍋パーティーへなだれ込み、すっかり長居してしまう。
いつもこの家に来ると、妙に和んでしまう私達。

良妻賢母の友人を見ていると、私もこんなオヨメさんが欲しいな~と思ったり…(笑)

友人宅の「日常」に入り込み、私にとっては「非日常」の一日。
それぞれの幸せのお裾分けをもらって帰る、私だった。
無い袖は振れぬ
出来高制(もどき)で給料を支給している客先での給与計算。

「仕事が激減している」

とは聞いていたけれど、計算してみてビックリ。
総支給ベースで2ヶ月前と比較して3割以上減っている。
個人別に見ると、多い人では約半分になってしまっていた。
しかし、控除される社会保険料はいつもと一緒。
これは相当キツイだろうなぁ。

給料がこれだけ減っているという事は、売上も同じく激減しているという事。
来月からの資金繰りが恐ろしい。。。

組合交渉が進まずイライラしている奥様も、この数字を見て、さすがに「気の毒」だとは思うけど
「無い袖は振れない」のが現実です。
創業者の妻
今月から、また給与計算をしなければいけない会社が増えた。

今日の客先では、昨年まで80歳のお母様が手書きで給与計算をしていたのですが
その役を退いて頂くために、いろいろ手回し根回しをして、ようやく…です。

聞き取りはもちろん、事前準備を含めて随分時間が掛かりました。
一番は、法令に則していない給与規程の内容と、根拠の無い手当の支給にとまどう。

奥様は、あえて 「ノータッチ」 だったからとおっしゃいます。
「おかしいとは思っていたけど、具体的に解らないから説明出来ないし、口を出さない方が…ねぇ?」
はい! その先は聞きません(笑)
その説明は代わりにさせて頂きましたが、小手先で直せるモノではない。

計算をして、明細を出して、奥様にチェックしてもらう。
「あれ? ココ金額が違うわ?」
どれどれ…「いや、合ってますよ?」
「でも、おばあちゃんの書いた(先月)のと違う」

???

合計は合っているけど、手書きで書かれた明細がず~っと間違っている事に気が付いた。
「コレ、足し算間違ってますよね?」

明細か合計か、どちらが正しいかは判りませんが、毎回前月のを書き写していたから、
いつの間にか金額が違ってきてしまったようだ。
コレをもらっていた社員さんも、複雑だっただろうなぁ。
皆さんの「不信」の理由がうなずける。

そういえば、以前、そのお母様が集計した資料を見せてもらった時、
『タイムカード』 が、4年程前から 『タイムーカド』 になっていた(笑)
筆跡を見ると、その辺りから文字が乱れ始めている。
「雑になった」のか、「書けなくなった」のか…?

そうまでして続けてきた唯一の仕事。
皆さんは 「ボケ防止だから」 と言うけれど、その理由は?
…任せられる人が居なかったという事なのか?

現社長の母であり、創業者の妻であるお母様。
その胸中を想像すると、とても憎めません。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。