I talk to myself
あくまで独り言。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言った言わない
「遅いですねぇ。 約束10時でしたよね?」

客先で仕事をしながら、業者さんが来るのを待っていた。
奥様、「メモは捨てちゃったけど、10時って間違いなく言ってますよ」

1時間待っても来ないので、電話をしてみると
「え?お約束は16時となっておりますが。。。手帳に確かに16時と書いていますので。。。」
えーーーっ、そりゃ待ってても来ないはずだ(笑)

とりあえず、夕方は奥様も都合が悪かったので、昼一に変えてもらう。

でも奥様は腑に落ちない。
「だって、昼からは予定があるから10時って思って言ったはずなのに…おかしいなぁ」

まぁ、手帳に書いた「0」が「6」に見えたって可能性もありますしね!
その業者さんが別の日に書いた数字を見て、今回は奥様に軍配が上がると思う。
でも、言った言わないは証拠にならないですからねーーー(笑)

そして昼一、時間は変わりましたが、一通りの用件は済んだ。
「では、納品に伺うのは○日の△時という事で…間違いなく、△時に伺います!」
「はい、今回はお互いが間違えたと言うことで…」
お互い苦笑いをしながらも、寛大な奥様だった。

私も大昔に、電話で 「7時(しちじ)」 と言ったのが、相手には 「1時(いちじ)」 と聞こえ、
繰り返し言って確認したと思っても、全く違っていた事があった。
ごく基本的な事で、「19時」ないし「なな時」と言うべきであったと反省。

しかし、今の世の中、メール等の文字で確認するのが一番であるのは言うまでもない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。