I talk to myself
あくまで独り言。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強していても…
客先で、中途採用の方の社会保険の話をしていた。
現在年金を受給しているので、報酬額によって年金額はどう変わるのか?

一般的に、60歳になると年金や高年齢雇用継続給付金との調整で賃金の見直しが行われる。
会社側としては、支給額を減らす事が出来、
本人も年金等と賃金を最大限もらえるのであればデメリットは無いように思われるが、
実際は総収入が増えても、会社からもらえる賃金が減れば仕事に対するモチベーションが下がるのは必至。
それなりの仕事をして欲しいのであれば、「損」 であっても極端な減給は避けたい。

今回は、ガンガン仕事をして欲しい人だったので、それ相応の待遇をしたいところ。
年金の話が出たときに、社労士で勉強した公式は浮かぶのだけど
具体的に、「この金額だと、こんな感じになる」 という説明が出来ない(汗)
今までは社労士さんに出してもらったシミュレーションで説明していた。

いつもお世話になっている社労士さんに電話で確認。
どちらにしても、いろいろ条件を確認しなければいけないし、私では調査出来ないので
「…来てもらって、本人と話してもらってもいいですか?」
のお願いに、快くO.K.してもらえた。
「勉強したのに…頼りなくてごめんなさい(笑)」
「いいえー全然! 私はこれが仕事ですから(笑)」

ありがとうございます!

知識を持っていても、それを使えるかは別問題。
さらに応用する事が求められるのだから、中途半端には出来ないな~と実感。

密接な関係にある労務と税務。 いや、保険と税金。
専門的な事は専門家に任せても、総合的な判断が出来るようになりたいと思うこの頃でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。