I talk to myself
あくまで独り言。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国からのメリークリスマス
今日は事務所で年賀状作り。
画像を加工して…まま、思ったよりもスムーズに終了。

途中、中国人の通訳さんからメッセンジャーで話しかけられる。

「メリクリ!」

おっ! メリクリは世界共通なんだろうか!?

「今日はイヴなのに、遊びに行かないの?」
「うん、事務所で年賀状作ってる」

「いつも思うけど、日本は昔からの習慣をそのまま続けていくのが偉いと思う」
そうかなー。。。
「うーん…面倒だけど、節目は大事だよね」
「中国人はその面はダメで、昔のものを続けていくという意識があまりない。 民族衣装とか…」

そんなの、日本でも同じだと思うけど。
続けているフリをしているだけで、きちんと歴史を知っている人なんて居ない。
「隣の花は赤い」 と言ったところだろうか?

年賀状ひとつとっても、最近はメールとかeカードとかで送ったりと年々変化している。
私も、友達にはリアルな年賀状と両方送っている。
年賀状を出す程ではない人 (と言ったら失礼ですが) にはeカードだけ。
何もなしよりは、受け取る方も気軽でいいですよね。 (相手によっては失礼になりますが…)

そういえば昨日学校帰りに寄った東急ハンズでは、年賀状グッズコーナーがやたら混んでいた。
なんだかんだ言っても、気持ちのこもった紙の文化は捨てがたいと思う。
DSC01562.jpg

郵便局では年賀状を買ったら、ホッカイロが付いてきた(笑)
どこで買っても値段は一緒だから、競争も激しいんだろうなぁ。

年賀状、さすがに中国までは出せないので、
「メールで送るね!」 と約束した。

異文化コミュニケーション、まだまだ続きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。