I talk to myself
あくまで独り言。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確定申告(e-Tax)~電子納税~つづく
e-Taxで電子申告をした後は、電子納税です。
納付書を持って窓口納付をしてもいいのですが、
この時代、ネットバンキングという便利なツールがあるじゃないですか。

去年と同じ様に、今年も・・・とネットバンキングで納付手続きを進めると・・・
おっと~~!ここで問題発生!!

私は昨年、引越しをして岐阜市→大垣市へ移転しています。
もちろん住民票も移している。

前の住所地の所轄税務署は岐阜南税務署。
そして今の居所地の所轄は大垣税務署。

電子申告は大垣税務署宛で送信確認も取れている。

が、納付画面では
F1000200.jpg

 ①収納期間番号(一律00200)
 ②納付番号(利用者識別番号)
 ③確認番号(e-Taxソフトで登録した納税用確認番号)
 ④納付区分(税目・申告・元号・課税期間の各コード)
しか入力するところがない。
このまま納付しようとすると、納付先が岐阜南税務署になってしまうのだ。 

「あれ~?利用者識別番号って、一緒でいいの~??」

と、疑問が出てきた。
ネットでいろいろ調べてみても
「新規の利用開始届は所轄税務署へ」という事しか書いていない。
これは困った。

電話で聞いてみようにも、日曜日だったから繋がない。
一応、メールで問合せをしておいたが、いつ返事がくるのか解らない。

という訳で、今日に持ち越してしまったのだ。

お昼過ぎに、大垣税務署に電話をして問い合わせたところ
「調べて折り返します」と言われ、先程返事が入ってきた。

利用者識別番号は、個人の識別なのでそのままでいいが
税務署間でのデータ移行処理が済んでいないので
それが済んでから納付して欲しい。との事だった。

「データの移行に2~3日掛かるので、終わったらまた連絡します」と。

税務署の人の話によると、私のような事例が無かったらしく
(本当に無いのではなく、少ないという意味だろう)
そのまま前の税務署に納付してしまうと余計に手続きが面倒になってしまったらしい。

ストップしておいて良かった。
また2~3日後の連絡を待とう。

それにしても、昨年に比べe-Taxのシステム自体は充実しつつあるが
添付書類は相変わらず郵送だし、デジタルとアナログの落差が激しい。
F1000201.jpg

1月末に、税務署から昨年電子申告した人に
添付書類提出用の封筒が送られてきた。(もちろん、前の住所に)

今のところ、電子申告といっても電子証明書の費用や
添付書類の送料が個人負担なので、利用者に特別なメリットがない。
だから送料だけでも・・・という事らしいが、
結局私はこの封筒も使えない(笑)

電子申告した人に何かメリットがあるように
減税するとか・・・という動きもあるようだが
期待しすぎずに、来年まで待とう。

電子申告・電子納税(まだ終わってない)お疲れ様!
と思ったら↓ポチッとしてね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。