I talk to myself
あくまで独り言。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏雄くんから秋夫くんへ
今夜も、ちょっと(かなり)遅めにお花へ。

朝晩涼しくなったけど、茎のしっかりしたヒマワリを見て、あの夏を思い出す。
DSC02468.jpg
今日はこの花材を活かして、シンプルにいきました。
DSC02467.jpg
少し紅葉しかけたツヤドウダンが、秋の訪れを感じさせる。

剪定して余った枝は、先生におすそわけしたら、こんなかわいらしくなりました。
DSC02469.jpg
今夜はご主人が仕事でいらっしゃらないとかで、お花の後は先生とゆったりおしゃべりタイム。
今年の2月から始めたという、ご主人との交換日記 「かすみそう」 を見せてくださった。
DSC02471.jpg>
「見てもいいんですか?」 と遠慮する私に、「見て見て♪」 と…(笑)

もう5冊目になるこの日記、A6ノートに、ほぼ毎日綴られている。
ご主人は横書き。 先生は縦書き。
お互い気取らず、思いつくままに書かれている文章を読んで、素直に「いいな」と思った。

元々読書も好きで、文章を書く事が好きな先生。
ノートはこれ以外にもいくつか分類されているんだとか。

タイトルがいい。
・かすみそう : ご主人との交換日記
・つゆくさ : 本等を読んで、気に入った文章を書き留める
・つきみそう : 配達の仕事中に、感じた事を書き留める
・くちなし : 普通のメモ(だったかなぁ)
・笹百合 : 人に宛てた手紙の文章を忘れないように書いておく
・みやこわすれ : 実際には出さないけど、誰か(亡くなった両親とか)に宛てて書いた手紙

こうして、文章を書いている時間が好きなんだって。
話を聞いているだけで、なんだか「ほっ」とする。

「夏雄くんがさよならと手を振って、秋夫くんがやってきた」
これは、先生のご主人が交換日記の中で書いていた一文。

忙しい日常を忘れるひとときでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。