I talk to myself
あくまで独り言。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若さと心意気
今日は山の方の客先へ。
前回はやたらと寒かったので、今日はしっかり防寒対策してきました(笑)

お昼ご飯の後、山の紅葉を見ながら車でぶらっと北上~。
DSC02786.jpg
以前、お蕎麦を食べたところまで足をのばす。
DSC02787.jpg
こちらには生産物の直売所があり、新鮮な野菜等が安く売られているんです。
見ているとつい欲しくなるんだけど、「いやいや、野菜は実家でもらえるし…」
財布のヒモをギュッと縛って見てるだけ。。。
でも、見ているだけでも楽しいです♪

今夜は寺子屋があるので、参加する事務員さんを一人乗せ、夕方早くに客先を出る。

さてさて、今夜の寺子屋。
仕事の依頼をしていた彼女は、体調を崩して来れないと言っていた。
学生さんは相変わらず寿命を縮める不規則な生活ぶりで、晩御飯を買ってくるにも
「食べると寝ちゃうから要らないです」 なんておっしゃいます。
課題で忙しくて、もうずーっと家にも帰れていないんだと…。

「じゃあ、いつご飯食べてるの?」 参加者からの素朴な質問に、
「起きた時に食べてます」 …納得(苦笑)

寺子屋の後、事務所に戻り一息つくと、「遅いけど、今から行ってもいいですか?」
なんとまぁ、責任感の強い彼女は、打ち合わせをするのに来ると言っている。
「無理しなくていいよ」 という私に、「大丈夫です!」
確かに急ぎの案件もあったので、その心意気は嬉しいです。

一時間ほど打合せをし、片付けて帰ったのは日付の変わる少し前。
彼女に付き合って一緒に来てくれた学生さんは、パソコンの作業画面そのままでフタを閉じ、
「学校に戻って続きをやります」 …はい、私は帰ったら寝ます。。。

若いっていいなーと思いながら、もう若くないんだと気付かされる私だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。