I talk to myself
あくまで独り言。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当たり日
朝、客先に着くと、何かの工事業者が大勢来ていて、駐車場がいっぱいで入れなかった。
駐車場の出入り口付近に、使っていない脚立をたくさん並べ、何とも邪魔でしょうがない。
やむを得ず、事務所の脇の道路沿いに駐車し、中に入る。

一足先に着いたスタッフも、駐車場から出たり入ったりさせられて、
側に居ても邪魔な脚立をどけようともしない無神経な業者にイライラしながら、
(お客さんのところだから、文句を言えなかった↑)
…ブロックに車をこすってしまっていた。 あーーーっ何て事!!

そうこうしていたら、事務所に見知らぬおばちゃんが。
「道路に止めてある赤い車、誰の?」
あ、私です。 すみません、すぐ退けますねー。
「いや、ぶつけちゃって。。。(笑)」

えーーーっ!!? ていうか、謝らない???

どうやら向かいの会社の内職さんだったらしく、バックして出るときにぶつけたらしい。
「ここはよく車が止まってるから、いつも注意していたつもりなんだけど…」
いや、そういう問題でなく、一応スペースに余裕を持って止めたつもりなんだけど…

警察呼んで、事故証明とって、100%先方の保険で。。。当たり前ですが。

車は運転席側のドアに傷とへこみがある程度。
ものすごく気分を害しましたが、そこは考えよう。
丁度、すぐ近くに車を買ったディーラーさんがあるし、
6ヶ月点検の案内も来てたからついでに済ませよう♪
(↑前向き)

昼過ぎに客先を抜け、30分程で代車に乗って戻る(笑)
ま、結果オーライって事で!

しかし、可哀想なのはスタッフの方。
…が、実はスタッフの嫁ぎ先は車屋さんなんです。
ダンナさんは修理工もやっている。
すぐに電話をしたら、「まぁ、物損ならいいよ」って苦笑い(笑)

不幸中の幸いと言うか、私としても少し救われました。
客先の奥様も、「本当にごめんね~」と、「何なの、あの業者の人達!」

トラブルがあっても、仕事は何事も無かったようにキッチリやり遂げます、私達。
この反省を生かし、次の駐車場所を決めるのでした(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。