I talk to myself
あくまで独り言。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベテランの要領
昼からの客先がキャンセルになったので、スタッフが行っている別の客先へ。
丁度お世話になっている社労士さんが雇調金の事でみえると言っていたので、
一緒に話を聞いておかないと不安だった。
尻拭いも私の仕事だから(笑)

雇調金…数ヶ月前に、社長さんに話をした時は全く無関心(というか、危機感ゼロ)だったけど、
さすがに仕事が急激に減った状態を目前にして、いきなりの呼び出しらしい。

ベテランの要領で、質問は至って簡単です。
「いつから始められますか?」
「来週からでも…」 (えーーーっ!?)

「ところで、売上は減ってるんですよね?」
「いや、まだ今月からかなぁ」
「そうすると要件を満たすまで待たないといけないですね」
「えっ! そうなの!?」 (←安易な社長さんらしい)

一緒に話を聞きながら、その会社の売上データを調べてみたら
「あっ、一応、直前3ヶ月との対比でもいけますよ」

「本当? おかしいなぁ、そんな落ちてたかなぁ?」
間違いありません。 最近、ちょっと浮ついてるんですよ! 社長さん!!

話を聞いていると、「とにかく、計画出しちゃいます!」という感じ(笑)
すごいな~、その大胆さ。 尊敬します。
来週からって事は…明日書類作って、明後日には提出しないといけない。
こんな急な要望にも応えられるだけのバックヤードがあるんだから、素晴らしい!
必要な事だけがスピーディーに出てくるので、何とも小気味よく頼りがいが有ります。

しかし、実行する社長さんの話はイマイチ曖昧で、
従業員代表も、給与の補償条件も、ローテーションも決めていない。
書類は出来ても、会社側の体制の方が整わないんじゃないかと心配する私だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。